白くなりたいです

ここで、ロスミンローヤルを購入してみました。

健康な時には健康の有難みに気づかないものです。

なくしてみると、初めてわかる大切なことがあります。

若い時には若さが素晴らしいことに気付かなかったです。

最近、そんなことをよく考えます。

若い頃は、肌が綺麗なことが当たりまえでした。

ほくろもなかったので、鏡を見ると嬉しかったです。

あの頃に肌だけ戻りたいと思います。

子供の頃は、必死でファンデーションを塗る女性を見て、よくわからなかったです。

でも、今はその気持ちすごくわかります。

肌のトラブルは、生まれ変わりの力が遅くなり、シミやニキビ跡が出来てしまうと気づきました。

よくお肌の曲がり角は、25歳とか言われていますが、まさにそうです。

私自身は、30歳から目に見えるように気づきました。

顔を見ると、こんなところにほくろがあったかなと思ったりしています。

ニキビ跡かと思い、よく見たらシミだったりするのです。

このシミをファンデーションで隠せるなら、隠したくなります。

日焼け止めクリームは塗ってきたはずなのに、老化には逆らえないとはこのことです。

サプリも30歳になってから飲んでいます。

以前はたまにヒアルロン酸のジュースを飲んでいました。

飲むと、肌がつるつるとした感触になるのでやめられません。

コンビニで買えるので、おじさんみたいに仕事帰りに飲んでいました。

ビールではなくて、美容ジュースなので、女子っぽいと感じます。

それも効果がありましたが、毎日買うことも面倒になってしまうのです。

そこで、サプリなら良いのではないかと思いました。

軽いし、手軽に買えるので、シミに効くサプリでも飲んでみようかなと考えたのです。

飲むだけでシミが予防出来たり、目立つシミやニキビ跡にも効果があるなら嬉しいなと思います。

テカらないさわやかな顔

思春期の頃からの悩み、それはいつも顔がテカテカしてしまうこと・・・。
大人になって化粧をするようになっても、テカり続ける毎日。
テカっている女性って(男性でも?)なんとなくギラついたイメージを持たれてしまいそう。
爽やかで清潔感のある女性に見られたいのに、トイレで鏡を見ればそこに映るのはテカテカの自分。
脂取り紙でふきふきしながらなんとかしたいなぁと思う毎日。

もちろん色んな化粧品を試してみた。
口コミで評判の化粧水やらファンデーション。
少々高くてもテカりとおさらば出来るならと奮発して買ってみた。
ところが結局、使い始めた最初のうちはサラっとしている顔も、数時間たてばやっぱりテカテカ。
もう何をしても効果ないんだとあきらめかけていたその時に、
最後の砦とばかりに試してみたのが「シルキーカバーオイルブロック」。

朝の出勤前に塗ってみたら、まずはボコボコ目だっていた毛穴が平らに!
肌もサラサラ。
これはすごいと感じつつも、どうせ時間が経てばまたテカっちゃうんでしょうと半信半疑でいたのだ。
会社に行って数時間後のお昼休み・・・化粧室に入り鏡をのぞくと衝撃!
朝と同じすっきりサラサラ爽やかな顔の自分がいた。全然テカっていない。
え~ほんと~?と喜びつつお仕事へ戻る。
夕方になりそろそろ退社時間が近づく頃、
いつもちょっぴり気になっていた男性社員が傍に来て一言。
「なんだか今日はさわやかだね」と。

え?いつもはさわやかじゃないのか?とちょっとひっかかっかったけど、そんなの関係ない。
やっぱりテカらないってだけでガラっと印象変えちゃうんだ~と実感して嬉しくなる。
やっと出会えた本当に効果のある化粧下地「シルキーカバーオイルブロック」。
もう絶対手放せない。

テカリ防止には「シルキーカバーオイルブロック」がおすすめ!

来る日も来る日も洗濯

可能な限り家事はサボる私なのですが、
最近何があってもサボれない事になってしまったのが洗濯です。
腰痛でやっと歩いていた日でも これだけは休めませんでした。
息子の通学用シャツの洗濯があるからです。

一か月ほどまえでしょうか。息子が言いました。
「もう3年生だから スクールシャツは着られないよ。
シャツは自分で買ってくるから。」

それまで形態安定ノーアイロンの
しかもかなり値段の安いスクールワイシャツを私が買っていました。
そして彼が買ってきたのは麻100パーセントの開襟シャツ。
開襟でも校則では問題ないのだとか。
涼しくて気持ちが良いとお気に入りです。

そしてその後に一枚買い足し 今は二枚のシャツを交互に着ています。
という事は毎日洗って乾かさないと翌日着られないという事。

毎日毎日何があっても息子のシャツは洗わなくてはなりません。
娘がいなくなり洗濯物が多少は減り、節約という意味でも洗濯は毎日でなくとも…
と手抜きを考えていたのですが、そうもいかなくなりました。
といっても テレビで見た大家族の家の洗濯に比べれば
お話にもならないくらいの事なんですけれどね。

息子は実はとてもおしゃれなんです。
中一の頃から私服は自分で気に入ったものを買いに行っていましたし、
部屋にはファッション雑誌が何冊もあります。
時々は私も色の合わせ方がわからないからと買い物もつき合わされます。
友達や後輩から 服選びの相談を受けるのだとか。
そんな彼が今までスクールワイシャツを着続けていたことの方が不思議だったかもしれません。

腕次第で稼げるお仕事に魅力を感じます

今月はちょっと金銭的にキツイなという月が続いています。
しょうがないんですよね。夫の仕事は忙しくなければそれほど給料は多くないんですよ。
ボーナスは多いのですが、ボーナスはなるべく貯金しておきたいので毎月の給料でやりくりしたいのが本音です。

そんなに稼いでないわけじゃないんだから心配しないでほしい。足りなければボーナスから出せばいいじゃんと夫は言うのですが貯金がないから頑張りたいんだよと説明しています。
男性にとっては少し悲しい話ですものね。頑張って働いているのにちょっと生活が苦しいなんて認めたくないでしょうしショックだと思います。

けれど家族皆がなにも我慢することなく暮らしていける環境をつくりたいので、こっそりメールレディでもやろうかなと思っています。
腕があればかなり稼げるそうなので是非やってみたいんですよね。
お金が欲しいのはもちろんなのですが、そういう腕次第でどうにでもなるというのに弱いのです。

難しい仕事だけど腕次第ではこなせるよとか、人が少ない職場だけど腕があれば少人数でも定時に帰れるよとか、そのようなことを言われると燃えるんですよね。
やってみせるわという気持ちになるんです。
人を使う側の人間にとってみたら、私のような人間は扱いやすいんでしょね。自分でもそう思いますからね。

メールレディのお仕事をするわと夫に報告しても怒られることはないのですが、腕次第とあっては私は頑張ってしまうので本当にすごい金額を稼げるかもしれないんです。
それを報告するのが嫌なので内緒でやりたいんですよね。

儲かったじゃん!よし使おうぜ!とパーッと使ってしまう人なんですよ。散財するタイプなんです。
そんな人にいちいち報告していたら稼いでも稼いでもなくなってしまいますからね。稼ぐときはこそこそ働くに限りますよ。

メールレディのお仕事が気になる方はこちら

服が決まりません

いやー。ははは。なんと私、今度デートに行く事になっちゃいましたあー!この自分がまさかそんなことをする時がこようとは!いまだに信じられないっす!世の中なんでもやってみるもんですねえ!

前からかわいいなあと思ってる人がいたんですけどぜんぜん喋った事もないもんでまったくダメだと思ってたんですけど、最悪電話番号だけでも聞けりゃいいやって感じのテンションで玉砕覚悟のアタックしてきたらトントン拍子で今度二人で出かける事になりました!周りのみんなに感謝(笑)いやほんとに(笑)

自分一人だけだったら絶対無理だったな。うん。でも服とか全然決まってねー。どうしよう。ていうかもともとそんなにおしゃれじゃないし、貧乏で服買えないし、センスもないし、男のデート服なんてなおさら分かりません!もういっそスーツで行こうかな。絶対場違いだけど(笑)

みんなこういうときどうしてるんやろ?そんなに気合いとか入れないのかな。普段通りって感じ?デートなんてかしこまったことした事ないから分かんないわ。とりあえず一万円ぐらいは服買うための金あるからそれでなんとかするしかない。

やっぱり少ないよね…前友だちとおしゃれな服屋さんいったらふつうに数万円のもんばっかだったし、女の人ってこっちが着てるもんの値段とか分かっちゃうもんなんですかね。どうなんですかねその辺?別に分かんなかったらいつも通りの服でいいんですけどね。お金もそんなに余裕ないですし、でももしそれで引かれちゃったらやだしなー。

やっぱちゃんとしたの買うしかないなー。どっか安い所さがしてまともな物選んできます。自分のセンスに自信ないから友だちに頼んでみよう。なんか友だちに頼ってばっかりですね自分。

通販サイトでおしゃれの幅も広がる

最近は洋服屋さんでも大きいサイズのコーナーとか小さいサイズのコーナーとかを作ってくれてあるところも増えてきましたね。でも、まだ一般的にはS・M・Lくらいのバリエーションしかないところの方が多いし、路面店のおしゃれな感じのセレクトショップとかではあまり標準から外れたサイズのものを取り扱っているところは少ないような気がします。

いろんな体型の人がいるのだから、サイズももっとたくさん展開してれくるといいんですけどね。どんな体型のときだっておしゃれを楽しみたい気持ちに変わりはないのですから。世の中のダイエットブームは冷める気配はないものの、去年。一昨年あたりから「ぽっちゃり女子」という言葉なんかも聞くようになって、「細いのがいい」という絶対的な価値観みたいなものが和らいできたような気配や、痩せすぎのモデルの採用禁止のニュースとかも話題になったりして、痩せすぎへの注意喚起あなどもされるようになってきた感じはします。

これまではあまりにも「細い」ことがもてはやされすぎていたんじゃないかなと思います。昔のアイドルの人とかを見ても、今よりもう少しふっくらしてますけど、あれくらいの方が本当は健康的ですよね。今は本当に芸能人も細い人が多いので、みんなああいう感じを目指してしまうというところがあるんですけど、なんだかダイエットを気にしてせかせかしてる人が多いので、もっとおおらかな世の中の方が生きやすいのになぁ~と思ったり・・・。こんなことを言うと、ダイエットをしない言い訳に聞こえてしまうかな(笑)

でも、最近はぽっちゃり女子のファッション誌なども出てきたり、渡辺直美さんプロデュースのブランドがあったり、ネットの通販サイトでもおしゃれな大きいサイズの服やパーティー用の大きいサイズのドレスなどが買えるようになって、かなりおしゃれの幅も広がってきているのはいいことだなと思います。一方で小さいサイズの方はあまり聞かない感じがします。体型ってその時々で変化することもあるので、どんなときでもおしゃれを楽しめる環境ができること、そして世の中自体があまり体型のことにこだわらない大らかな雰囲気であればいいなぁと思います。もちろん健康であることは前提条件です!

http://xn--n8jr4hrj2c0af5j3n6466a.xyz/

夕顔の花が咲いたよ

お気に入りの「お蕎麦屋さんのご主人に頂いた夕顔の苗
大きな葉と太い茎で ぐんぐん育っています。
あの 大きな実がなると思うと 支柱を立てたりネットをつけたりするのも
工夫が必要かもしれません。
よほど丈夫で無いと重さに耐えられないかも…

なんて悩んでいるうちに
もう最初の花を咲かせてしまいました。
白い花って もう輝くばかりの白で 花と言うより白い星
このあと夜にかけてこのとがった花弁が開いて行ったのでしょうね。

今朝起きてすぐに庭にでてみました。
夕顔というくらいですから 夕方から夜にかけて咲き
あさにはしぼんでいるものと思っていたのですが
まだまだきれいです。

そして 曇り空の雲の間からちょっと日がさした11時ころには
しぼんでしまっていました。
梅雨が明け 朝から強い日差しがさすようになると この時間まで持たないのかもしれません。

夕顔もきっと 雄花と雌花があるのでしょうが
受粉は夜中に…ということになりそうです。
その時間だと昼間のようにぶんぶん蜂が飛び回っていることもないでしょう。
夜の虫がちゃんと受粉のお手伝いできるのでしょうか。

それとも人がお手伝いしなくてはならないのかしら?
夜花粉を付ける作業……蚊柱がたつような田舎なので ちょっと辛いかも…

沢山の蕾がついていますので
とりあえず この白い花を楽しむことにします。

夕顔の実って スイカくらい大きな丸いものと思い込んでいましたが
ヘチマのような長い実もあるのですか。
それなら上から実が下がっていても 涼しげですよね。

野球観戦は、やっぱり外野席が楽しい

私の家族は、ファイターズのファンです。
ソフトバンクとの首位争いも、あと少しまできて、試合の度に盛り上がっています。
毎年、ファン感謝デーの花火の日のチケットを取っています。

今年も、夫と母と三人で観戦に行く予定になっていました。
でもあいにくの雨で、試合の途中で花火の中止が発表になりました。
音楽に合わせて打ち上げられる花火は、燃えかすが落ちてくるほど近いので、
迫力があって素晴らしいので、観られないのは残念でした。

でも4万人のファンがファイターズを応援する為に集まっていました。
今回は応援団近くの外野席でした。
外野は攻撃の度に立ち上がって応援します。
内野席だと、立つ事も無く応援も静かです。
疲れている時なら内野席も良いですが、やはり外野席の方が盛り上がります。

三人でユニフォームを着て、応援うちわを持って声援しました。
点数が入ると、前後のファンとハイタッチしたり、知らない同士でも会話が生まれます。
母も隣の女性と楽しそうに話していました。
打った打球が天井に当たり、審判が二塁打の判定を告げ、球場内がザワザワしましたが、
大谷選手がホームランを打ってくれたので、モヤモヤした気分をスッキリさせてくれました。

残念ながら、試合は負けてしまいました。
悔しかったけど、ホームランも出たし、ファインプレーもあったので、楽しく観戦出来ました。

帰りは地下鉄の駅までバスが出ているので、混まないうちに、早めに球場を出ました。
美味しいうどん屋さんで、晩ご飯を食べて帰りました。
応援疲れで、21時には三人とも眠くなり、寝てしまいました。