妊活2年目 コウノトリは来てくれるでしょうか?

ロンドン留学を機に、英国人の彼氏ができました。彼は10代からの作家志望の夢を抱き続け、50歳目前の現在も執筆に専念しています。ロンドンでパートタイムの英語の教師をして生計を立てていましたが、比較的高額の給料をもらえるというメリットがあり単身サウジアラビアへ行っていたこともあります。
現在私たちは、旅をしながら東南アジアで生活をしています。はたから見れば遅すぎるかもしれませんが、昨年辺りから妊活を始めました。彼は50歳、私は40歳目前です。ちなみにまだ結婚はしていません。子供ができたら籍は入れようと思っています。でも、もしできなかったら入れなくてもいいかな、と。

二人とも定職に就いていないので、経済面での不安はあります。二人だけならなんとでもなるのでしょうが、子供が生まれたら出費はもちろんのことかさみます。本当に育てていけるのかも心配です。私は完璧に英語を話すことができないし、彼はその反対です。きっと、私は子供に向かって日本語で話しかけ、彼は英語になるでしょう。生まれた時からバイリンガルの環境で育つことは将来仕事を選ぶ時に有利になるだろうし、多くの友達ができるかなとは思います。でも、もし英語圏の学校に通ったら親として私はちゃんとやっていけるのでしょうか。

まだ子供が生まれたわけではないのに、こんな心配をするなんておかしいかもしれませんが、これくらいの覚悟は必要なのだと思います。嫌になったからといって途中で子育てを放棄することはできないのですから。これは、自分に言い聞かせている部分もあります。

妊娠てほんとに簡単にできるものではないのだと実感しています。最近、葉酸が赤ちゃんを作るときに大事なことを知りました。妊娠中のダウン症予防は葉酸サプリを摂取することで軽減することが出来るらしいとお姉ちゃんが母子手帳にのってたから、私にもサプリを飲みなさいっていうんです。通販サイトでも手に入るそうなんです。試してもいいけど、今月おこずかいがピンチなので、日本の家族に送ってもらって試してみたいなあと思う今日このごろです。