まぁ、なんとかなるだろう

結婚する前から、主人の方から俺は給料が少ない。将来私に負担をかけてしまう。っと、お話がありました。でも、給料が少なくても生きていけますし、お金がなければ是っ不幸という訳でもありません。旦那さんのお給料が少なくても、生活を少しでも工夫して何かで生活を切り詰めたり、贅沢を言わなければいいだけです。二人の時に将来の子供の為に出来るだけお金を貯めてあげてどうにしよう!と思いました。また、給料が少なくても旦那が五体満足で毎日元気に働いてくれて尚且つ早く帰ってきてくれて、少しでも家庭の助けにと家事も手伝ってくれます。給料が多くても何も問題ありませんが少ないからといって、それをそこまで深く考えなければ大丈夫だと、覚悟しました。

最近は、旦那さんの給料が少ない、っというのは現代では珍しくありません。なので、私の友達に旦那の給料が少ないという方は多くいます。それでも、子供は3人いますし、私の友達(奥さん)は、頑張らなければ!っと、奥さんも働きに出ています。また、私も働いており夫婦共働きで頑張ろうと思っています。また、仕事上昇進してしまいましたので、私の方が高給取りになってしまいました。旦那の給料は変わりはありませんが、世帯年収としてみれば上がっています。子供も欲しいので、夫婦共働きでこれからも頑張っていこう!っとそう強く思っています。なので、今の世の中旦那の年収が低いというのは決して珍しいことではないと私も、私の周りも思っています。