まず危険性がないかどうか

まず単純に学生がお金を借りる際に大変なことは、お金を借りるまでの流れや仕組みをしっかりと理解することだと思います。一口にお金を借りるといってもその借り方や額、返済の仕方など様々なプランの中で自分に合った借り方を選択するのは必ずそれ相応に知識が必要になるので、借りる前にまずはそのあたりの知識を得ることが必要だと思います。

またわからないことや疑問に思う所は直接聞いてみると丁寧に教えてくれますので、ネットや雑誌で情報収集してもどうしてもわからないことがあれば直接電話等をして聞いてみるとよいと思います。しかし電話の際は電話先の相手がちゃんと信用のできる相手なのかはしっかりと調査してから電話をした方がよいと思います。

学生がお金を借りることはその敷居の高さや、怪しい業者などへ勧誘されてしまう危険性から割と私の周りでは嫌煙されがちなのですが実際に利用したことのある友人の話ではしっかりと下調べして借りる額などを現実的なものとすれば安心と言っていました。下調べが甘いとどうしても実際借りるとなったときにいろんな話が出てきて混乱するということもあります。

学生でそういった話にかかわるということ自体が少ないので仕方のないことなのかもしれませんが、決して難しいことではないと私は考えていますので、いざお金を借りたいときにそういった観点から困惑しないようにお金を借りるための準備というものはネットや雑誌を用いて行った方がよいと感じました。