夕食は 千曲錦と 栃尾のあぶらげ

一昨日お稲荷さんのための油揚げを買ったのは佐久のスーパーでした。
いつも買い出しに行くツルヤ

ここには栃尾の油揚げを売っています。一枚100円。
もう少し足を延ばすと 形が整っていないものですがもっと安く買えるスーパーもあったりします。
我が家の近くでは小さくて薄い普通の油揚げしか買えないので
私は毎回 買い出しの時には 大きな厚い栃尾の油揚げを何枚か買って帰ります。
煮物にしたり お味噌汁にいれたりするのですが
一番おいしいのは 弱火で焼いて生姜醤油をかけるだけの
焼き油揚げです。

私が初めてこの大きな厚い油揚げを食べたのは 
もう十二年ほど前のことです。
息子の同級生のお父さんが栃尾の出身で こちらのお寺の住職をしています。
栃尾に帰った時の お土産に買ってきてくださったのですが
その時は 本当にびっくりしました。
「えっ これが油揚げなの? 厚揚げじゃなくて?」
って感じです。

下さったお宅では
これを買ってきたときには 一人一枚主食がわりと言っていました。

余りの美味しさに そのご何度か栃尾に電話して送ってもらったりしていましたが
山を越えた長野では 普通にスーパーに売っていたのです。

葱を乗せてのおいしいのですが 今回は生姜のみ。
美味しいんです これが。
包丁で切り分けて お皿に載せれば もっと上品なのでしょうね。
我が家は このままで この大きさを楽しんでいます。
最初に下さったお宅で こうして食べていると聞いて なんとなく我が家もそうなってしまいました。
今思うと そのお宅は8人家族ですから 一枚づつ包丁を入れる手間もたいへんだったのかもしれませんが。