来る日も来る日も洗濯

可能な限り家事はサボる私なのですが、
最近何があってもサボれない事になってしまったのが洗濯です。
腰痛でやっと歩いていた日でも これだけは休めませんでした。
息子の通学用シャツの洗濯があるからです。

一か月ほどまえでしょうか。息子が言いました。
「もう3年生だから スクールシャツは着られないよ。
シャツは自分で買ってくるから。」

それまで形態安定ノーアイロンの
しかもかなり値段の安いスクールワイシャツを私が買っていました。
そして彼が買ってきたのは麻100パーセントの開襟シャツ。
開襟でも校則では問題ないのだとか。
涼しくて気持ちが良いとお気に入りです。

そしてその後に一枚買い足し 今は二枚のシャツを交互に着ています。
という事は毎日洗って乾かさないと翌日着られないという事。

毎日毎日何があっても息子のシャツは洗わなくてはなりません。
娘がいなくなり洗濯物が多少は減り、節約という意味でも洗濯は毎日でなくとも…
と手抜きを考えていたのですが、そうもいかなくなりました。
といっても テレビで見た大家族の家の洗濯に比べれば
お話にもならないくらいの事なんですけれどね。

息子は実はとてもおしゃれなんです。
中一の頃から私服は自分で気に入ったものを買いに行っていましたし、
部屋にはファッション雑誌が何冊もあります。
時々は私も色の合わせ方がわからないからと買い物もつき合わされます。
友達や後輩から 服選びの相談を受けるのだとか。
そんな彼が今までスクールワイシャツを着続けていたことの方が不思議だったかもしれません。